国民の80%がキリスト教徒のフィリピン。クリスマスに並ぶほど大切な一週間が始まりました。日本人には馴染みのないHoly Weekについてご紹介します!

Holy Weekってなに?

Holy Weekとは、キリストが金曜日に処刑されて、日曜日に復活するという聖書のお話に対して、宗教行事が行われる1週間を指します。3月21日(春分の日)以降の満月の日の次に来る日曜日が復活祭となり、それまでの一週間がHoly Weekとなります。そのためHoly Weekは毎年日付が異なります。

なにをするのか…

日本でもイースターという言葉はよく聞きますが、何の日なのかはよく知られていません。そこで、一連の宗教行事を簡単にご紹介します。

3月1日 Ash Wednesday

この日、不要になった木製の十字架などを集めて、燃やした灰の「祝別式」「塗布式」が行われます。祝別式とはこの灰を前に神に祈り、額に灰の十字を記し「あなたはもともと土から生まれたので、まもなく土に返る。だから罪を悔い改めて、イエスの教えに立ち返りなさい。」といいながら祈りを捧げます。この儀式後、額に記された十字を自分で消すことができないため、街中で額に十字を付けた人々を見かけます。

この日から毎週金曜日は、お肉を食べることが出来なくなります。

ああ

4月9日(日) Palm Sunday (Bendita sa Lukay or Holy fronds)

ココナッツの葉を束ねたものを作り、それを教会に持って行き、それと共にお祈りをし、それを厄除けとして家に飾ります。それをビサヤ語で”Bendita sa Lukay (ベンディタ サ ルカイ)” 英語で”Holy Fronds”と呼ばれています。

ww

月曜日から水曜日

いつもと変わらない日常を過ごします。しかし、ご飯は一日一食になります。しかし、この儀式を敬虔に守っている人は、ごく一部のように感じます。

木曜日 Holy Thursday

キリストにとっての最後の晩餐となります。次の日に備えて、お肉は食べず、お酒も飲んではいけません。

金曜日 Good Friday

キリストが十字架で亡くなった金曜日に、彼が死に至るまでの一連の流れを、パレードのように代表者が道で再現します。その代表者は各地域で決められます。

www

土曜日 Black Saturday

教会に行きお祈りをし、日曜日の復活祭に向けての準備をします。

日曜日 Easter Sunday

キリストが蘇ったことをお祝いするために様々な場所でパーティー等が開かれます。フィリピン人はこの日はビーチでみんなでお祝いすることが多く、ビーチはたくさんの家族連れでごった返します。この日から元の生活に戻るので、お肉が食べれるようになり、お酒も飲めるようになります。

qqq

Holy Weekの目的

Holy Weekの一番の目的は、キリストがどのようにして亡くなり、蘇ってきたのかを振り返り、キリストの教え忘れないようにすることです。Holy Weekの間(特に木曜日からの4日間)は、学校や会社が休みになります。年中無休の大型モールでさえ時間を短縮しての営業になります。Holy Weekはキリスト教のフィリピン人にとって大切な一週間なのです。

DAREDEMO KIDSもこの一週間は家族と一緒に過ごし、Holy Weekの明けた来週月曜日からHERO’S HOUSEに戻ってきます。来週からはいよいよ夏季特別授業のスタートです。今年も子供たちのためになる授業ができるよう、スタッフはこのHoly Weekも準備に励みます!