コロナ禍で、今まで以上に厳しい生活を強いられている最貧困層の子どもたちのために、DAREDEMO KIDSが「自分たちにできること」を考えて、ドキュメンタリー動画制作しました。

DAREDEMO HEROでは、貧困層の子どもたちに教育支援を行い、将来、様々な社会問題を解決するリーダーを育成しています。

DAREDEMO HEROが支援する48名の奨学生を、DAREDEMO KIDSと呼んでいます。一方、セブに最貧困地区に開設したラーニングセンターで勉強に励む子どもたちを、DAREDEMO JUNIOR KIDSと呼んでいます。

今、DAREDEMO KIDSとJUNIOR KIDSの交流が少しずつ始まっています。

DAREDEMO KIDSは、未来のリーダーとして、今、目の前で起こっている様々な社会問題を理解し、自分たちに何ができるかを常に考えるように指導しています。

その中で、DAREDEMO KIDSから「JUNIOR KIDSの現状を、動画で配信したい!」という申し出がありました。

そこで、高校生、大学生を中心に、墓地とゴミ山での取材を行い、ドキュメンタリー動画を制作しました。

同じ貧困の苦しみを知る子どもたちだからこその目線で、動画の作成に取り組んでいます。DAREDEMO KIDSが踏み出した、ワンアクションです!

ぜひ、動画をご覧ください。

カレタ墓地の現状

イナヤワンゴミ山の現状