夏休みを利用して語学留学と、ボランティアツアーを体験した高校2年生YUZUが感想をまとめました。
第一弾は、ボランティア留学についてです。

フィリピン留学を選んだ理由

私が留学国をフィリピンにした理由は2つあります。
1つ目は、発展途上国ながらも比較的安全なことです。私は、貧困とは何かを知りたくて今回留学しようと決めたので、発展途上国に行きたいと考えていました。そこで、比較的安全とされているフィリピンを選びました。

2つ目は、フィリピンでは第二言語として英語が学ばれていて、学んで習得したからこそ、理解できている。ということを聞いたからです。

私は高校1年生の時、国際コースに在籍していました。2年生で理系に移る際、カリキュラムの関係で国際コースを外れなければなりませんでした。それでも海外に行くなら英語を使いたい!と思っていたので、多くの人に英語が通じるフィリピンは最適でした。

普通の「留学」と言うと、語学学校へ行って言語を勉強したり、音楽やスポーツの技術を学んだり、ボランティアをしたりと、ひとつのことにフォーカスすることが多いと思います。そんな中で、私は「ボランティア留学」を選びました。

目的を持った学習

なぜ、私が1週間の語学学校と2週間のボランティア活動を組み合わせたのか。
まず、異国の環境に慣れるためです。私の本来の目的は「DAREDEMO HEROのスタディーツアーに参加し、フィリピンについて、貧困について知ること」でした。

いきなり異国の地へ行って、衝撃的な光景を目の当たりにしたら、その後の活動が精神的に厳しくなってしまいそうな気がして、できる限り環境の変化によるストレスを軽減しようと思いました。それに、現地の人の話を聞く際に、通訳さんを介して話を理解するのではなく、現地の人が言ってることを直接理解したいと思いました。

日本では、あまり英語を話す機会がないため、英語を話すことに苦手意識がありました。しかし、語学学校へ行って授業を受けると、マンツーマンの授業が多く、自ら話をしなければ授業が進みません。最初は考えが言葉にならなかったものの、徐々に言葉に出来たり、咄嗟に簡単な英語が口から出るようになった時は、やはり嬉しかったです。

私は、語学学校へ行ったら授業以外も他の生徒さんとは英語でコミュニケーションを取るしかないものだと思っていました。しかし、思いのほか日本人の方が多く、休み時間やお昼の時間は自然と一緒に過ごすことが多かったです。その中で、色々な歳の方がいて、留学している理由や職業も様々、考え方も人それぞれで将来についてリアルに考えられるきっかけになりました。

語学学校の、4日目に体調が悪くなってしまって休むか休まないか悩みました。値段も決して安いものでは無いので、少し無理をしてでも行こうかとも思いました。しかし、私の目的はスタディーツアーに参加することであって、ここで無理をして緊急帰国なんてことになったら元も子もない!そう思って、思い切って1日休みました。

海外で一人で生活するにあたり、自己管理と自己判断の重要性を、強く感じました。

 
語学学校の先生と一緒に。

学んだ英語でいざボランティア!

フィリピン留学を実際に体験してみて、単語力の重要性を実感しました。今まで文法にこだわって、文法的に間違いがないように話せるように勉強していました。しかし、貧困地区で実際に子どもたちと話をしても、DAREDEMO HEROでスタッフの方々と英語で話す際も、単語力と伝えたい気持ちがあれば、英語は伝わるということに気づきました。


貧困地区で子どもたちと活動

子どもたちと話をしていると「もっと伝えたい!」という気持ちが、どんどん湧いてきます。ただ、自分の語学力が足りずに、うまく説明ができずに悔しい思いをしました。

語学留学だけではなく、ボランティア活動もあったからこそ、この悔しさを感じることができたと思います。英語は教科の一つではなく、伝えるための道具なのだということ痛感しました。

次回子どもたちに会う際には、今回伝えきれなかったことをしっかりと伝えられるように、日本に戻ってからもっと英語の勉強に励もうと思いました。また、より伝えたいことを明確にできるように、英語だけではなく、様々な勉強に力を入れていきたいと思います。