フィリピン教育省は8月24日からの授業再開を発表し、学校再開に向けて、準備を進めていますが、様々な問題が浮上しています。

授業再開の詳細はこちらをご覧ください。
授業開始日が遂に発表!!~新型コロナウィルス感染症下の学生たち~

エンロールメント(入学手続き)ができない!?

6月1日から学校職員は、生徒の入学手続きや授業開催に向けての準備を進めています。
フィリピンは公立校でも毎年「エンロールメント」という入学手続きをとる必要があります。これまで、学校が閉鎖されていたためできなかったエンロールが、オンラインで行えるようになり、現在少しずつですがこの手続きが進められています。

しかしオンラインエンロールメントは、インターネットアクセスが可能な保護者にしかできません。特例として、学校のゲートで入学手続きを行っている学校もありますが、全ての学校が同じ対応をしているわけではありません。

特に都市部以外の学校は学区が非常に広く、学校までの交通手段がないうえに、インターネットアクセスもない保護者もいます。その場合、昨年の担任が各家庭を回り、入学手続きを促すように教育省からは通達が出ていますが、実際は各教師の判断によって差が生じているようです。

様々な方法での学習方法

先日、ドゥテルテ大統領が「ワクチンができない限り、対面授業は禁止する」と発表したことについて、教育省も「ドゥテルテ大統領の発言に賛成する。」と正式に発表しました。

そのため、授業再開予定日である8月24日までにワクチンができていない場合、授業は学校で行うことができなくなりました。


現在各学校でどのような授業を進めるかの話し合いが行われています。

教職員は対面授業が行えない状況を想定し、ラジオTVオンライン授業など、様々な方法を模索しています。
しかし、ラジオやテレビは現実的に実現が難しく、オンライン授業もインターネット環境の整っていない貧困層には、提供ができません。

現在新たに論議されているのが「モジュラー授業」です。
モジュラー授業というのは、保護者が各自治体が指定した場所にプリントを取りに来る、もしくは教職員が各家庭に配るということです。子どもたちが課題が行い、終わったらまた保護者が学校に提出するという方法です。現時点で、このモジュラー授業と、オンライン授業の選択制になる可能性が高まっています。

インターネット環境の整った家庭では、オンラインで直接先生に質問をしたり、先生からの授業を受けることができますが、モジュラー授業では、完全なセルフスタディーになります。貧富の差によって、教育の質が明確に分かれてしまう危険性があります。


フィリピンの中流以上の家庭にはパソコンがありますが、貧困層にはありません。

学ぶ機会をどう提供するか

未曽有の事態中、世界中の教育者が「遠隔授業」で、これまでと同等もしくはそれ以上の教育を提供できるように、試行錯誤を繰り返しています。フィリピンも同じく、教職員が自分たちにできる最良の学習方法を模索し続けています。

当団体でも、日々、子どもたちにどのような学習方法を提供するのが良いか、教員免許を持つフィリピン人と常に話し合いを重ね、挑戦を続けています。

今後も、子どもたちから学びの機会を奪わぬよう、常により良い方法を模索し、最善の方法に近づいていけるよう挑戦し続けていきます。


当団体が配布した学習タブレットを使い、日本語、英語や数学の宿題をしている子もいます。